新着情報

透析センターのご紹介

当センターは慢性腎不全に対する透析療養を中心に診療を行っています。腎不全の方は本来尿中に排泄されるべき尿毒素が体内に蓄積するため放置すると生死にかかわります。透析治療には体内より血液を取り出し機械で血液中の尿毒素を除去する血液透析と腹腔内に透析液を貯留して尿毒素とともに取り出す腹膜透析があります。

現在、当院では74床(個室4床)で血液透析患者さん240名と腹膜透析患者さん12名の治療をさせていただいております。血液透析は言うまでもなくその原理をさらに発展させた透析濾過・濾過・吸着・血漿交換などの種々の治療法にも精通しており、急性腎不全・肝不全や薬物中毒・膠原病・家族性高脂血症と多岐にわたる疾患の治療も積極的に行っており、緊急の場合は24時間体制で対処できるようにしております。また、血液成分分離採取法(血小板採取、末梢幹細胞採取など)を駆使することで当院で行われている超大量抗がん剤化学療法をより安全に施行できるようにサポートしております。

なお、透析患者さんは種々の合併症を持たれておりますので、他科の協力を得て総合的に患者さんのQOL(生活の質)を中心に考えた、より良い治療を目指しております。

ただ、透析治療というのはある面患者さんに受け入れがたいところもあり、急に透析治療を導入すると精神的ストレスを生じることがあるため保存期(透析前)腎不全の状態にある患者さんにも腎不全教室を開催することでより良き理解のもと、透析治療を受け入れていただけるよう努めております。

透析センターの特色

スタッフの目がゆきとどく安心できる空間。病状に応じて個室で透析も可能です。

ゆっくりくつろげるラウンジ。

ゆったりとした更衣室。

透析前にお待ちいただける空間(待合室)。

透析時間

患者さんの生活環境に配慮し、開始時間を3部に分けています。

※お仕事をされている方には、開始時間が18時からの透析治療を受けていただくことができます。

※状況により、ご希望に添えない場合もありますのでご了承ください。

開始時間●8時15分~●14時15分~●18時00分~
送迎バス

患者さんの病状に応じてご利用いただけます。ご自宅の近くまで送迎いたします。(要相談)

※午前のみの運行

個別テレビ

長時間の透析を快適に過ごしていただけるよう、ベッド毎にテレビを設置しています。

お食事
有料でお弁当の準備が可能です。
1食 450円(税込み)

当院で透析治療をお考えの方へ

ご予約は地域医療連携室でお取りいたしますので、紹介状をご持参のうえ、泌尿器外来をご受診ください。

診療体制
  月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日
午前
受付時間:8:00-11:45
お問い合わせ
地域医療連携室 TEL:0725-40-2147

※受付時間(月-土)9:00-17:00

外来担当医表はこちら

当科の外来担当医表はこちらからご覧頂けます。

外来担当医表

外来担当医表はこちら

当科の外来担当医表はこちらからご覧いただけます。

外来担当医表

スタッフ紹介

仲谷 達也
仲谷 達也
腎・血液浄化研究センター/センター長
西川 慶一郎
西川 慶一郎
府中クリニック/所長
播本 幸司
播本 幸司
泌尿器科・透析センター部長
ロボット手術センター副センター長
西川 德彰
西川 德彰
泌尿器科・透析センター/医長
岡﨑 祐樹
岡﨑 祐樹
泌尿器科・透析センター/医長
加島 秀泰
加島 秀泰
泌尿器科・透析センター/医長
津田 壮太朗
津田 壮太朗
泌尿器科・透析センター/副医長
瀧上 夏未
瀧上 夏未
泌尿器科・透析センター/医員
木村 薫
木村 薫
泌尿器科・透析センター/医員
榮井 広嗣
榮井 広嗣
泌尿器科・透析センター/医員
小熊 一輔
小熊 一輔
泌尿器科・透析センター/医長
黒木 慶和
黒木 慶和
泌尿器科・透析センター/副部長

診療実績

学術業績

施設認定

  • 日本泌尿器科学会認定専門医教育施設
  • 日本腎臓学会認定教育施設
  • 日本透析医学会専門医制度認定施設