急性期病院としてのお願い

当院には、救急車で搬送される患者さん、緊急に入院の必要な患者さん、他の医療機関からのご紹介で手術や精密な検査を行う患者さん、が多数来られます。

当院は、このような重症患者さんを迅速に受け入れ、特に緊急の治療が必要な病気やケガに対して、急性期の医療を行っています。そのためには日ごろから入院用の空きベッドを準備しなければなりません。

こうした理由から当院では、病状が落ち着きましたら早期の退院、他院への転院、施設への入所をお願いしております。北泉州地域の救急用ベッドを、次に必要な救急・重症患者さんにご提供するために、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

NCD事業への症例情報の提供について

医療の現状を把握し、より安全で質の高い医療を提供することを目的として設立された一般社団法人 National Clinical Database(NCD)のデータベース事業に府中病院も参加することになりました。
詳しくは下記の資料をご覧ください。
何卒趣旨をご理解のうえ、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

● 2015年度 NCD施設会員

日本整形外科学会症例レジストリー(JOANR)への参加について

府中病院は、日本整形外科学会症例レジストリー(JOANR)に参加しています。
詳しくは下記の資料をご覧ください。
何卒趣旨をご理解のうえ、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

個人情報の第三者提供について

当院では、臨床研究のため、患者さんの個人情報を取り扱うことがあります。
また、院内だけでなく院外においても、種々の研究目的のため、症例や検査データの第三者提供を行う場合がありますが、その場合、個人情報は匿名化を実施しますので個人が特定されることはありません。個人情報を利用させていただくことにつきまして、ご理解とご協力をお願いいたします。
提供先情報

→NCDを基盤とした保険請求データ(DPC・レセプトデータ)の収集と研究利用について

匿名加工情報に関する問合せ窓口

当院における匿名加工情報の作成及び第三者提供などについてのお問合せは、下記窓口までご連絡ください。

府中病院 医療情報課

0725-43-1234(代)

院内特別規則

当院では、病院の安全を担保し、皆さんに適切な医療を提供するために、下記のような特別規則を設けております。ご理解とご協力をお願いいたします。以下の行為を認めた場合には、当院での診療は困難であり、院外退去および当院への立ち入り禁止とさせていただくことがございます。

  •  犯罪行為を行った場合
  •  暴力を振るったり、大声で怒鳴ったり、暴言を吐いた場合
  •  職員を誹謗中傷したり、侮辱した場合
  •  職員に対して、不当または非常識な要求をした場合
  •  院内の機器、備品、設備、施設を故意に壊した場合
  •  凶器や危険物を持ち込んだ場合
  •  用件がないのに、無断で院内に立ち入った場合
  •  セクシュアルハラスメントやストーカー行為を行った場合
  •  当院の規則(院内禁酒、酒気帯び入院・受診の禁止、無断外出・無断外泊の禁止、院内禁煙、院内での無断撮影の禁止)または入院病棟の取り決めを守らない場合
  •  職員の指示や職員との約束を守らない場合
  •  正当な理由がなく治療費を長期滞納したり、支払わない場合