新着情報

麻酔科のご紹介

麻酔科として全身麻酔を中心とした手術療法を安全に行えるよう日々研鑽をつんでいます。
術前から術後まで、周術期を通じて安全面だけでなく安心して手術を受けていただけるよう麻酔科術前診察や術後診察を通じて、不安や苦痛の軽減に努めています。

外科、脳外科、整形外科、産婦人科、泌尿器科、眼科、形成外科の各診療科と連携をはかり、年間1,400件程度の全身麻酔下手術を常勤医師3名、非常勤医師で行っています。手術室には最新型の麻酔器も導入しており、手術部門システム(富士フィルム社PRESCIENTOR®OR)を活用しています。また生体情報モニターや手術室監視カメラ映像もセントラルモニターとして手術室以外でも確認できるようにしており、複数人で絶えず手術室の状況が確認できるようにしています。

麻酔科の特色

麻酔科だけでなく手術室看護師、手術室薬剤師と協働しチームとして周術期管理を行っています。

手術前には麻酔科診察を行い、術後回診を通じて安心して周術期を過ごせるように努めています。ロボット支援下手術など外科系各科の新しい術式にも対応し、問題点のある症例などは事前に麻酔科事前診察を通じて各診療科と打ち合わせを行って対応しています。

外来担当医表はこちら

当科の外来担当医表はこちらからご覧いただけます。

外来担当医表

スタッフ紹介

森 正信
森 正信
麻酔科/部長
崔 成重
崔 成重
麻酔科/医長
増茂 薫
増茂 薫
麻酔科/医長
山田 裕樹
山田 裕樹
麻酔科/医長

診療実績

学術業績

施設認定

  • 日本麻酔科学会麻酔科認定病院