新着情報

循環器内科のご紹介

循環器内科として、急性心筋梗塞など緊急性の高い病気から、高血圧などの慢性疾患など幅広い疾患の診療にあたっています。

循環器内科は心臓と血管治療を中心とした診療科です。今ではカテーテル治療は、様々な病院で行われていますが、治療方法も、新しい治療法が発達してきており、患者さんもいろいろな治療をテレビやインターネットで調べられる時代です。このため患者さんも様々な治療法が選択できますが、実際どの治療が自分にとってよいかまでは、わからないと思います。このため、循環器内科のスタッフで、治療法に関しては、よく話し合い、決めていきたいと考えています。その中で、患者さんが納得できる治療法を選択していただきたいと、スタッフ一同考えています。お気軽にご相談ください。

循環器内科の特色

心臓、血管治療、不整脈治療などを行っています。

心不全センター

心不全センターでは、心不全で入院された患者さんを循環器内科の主治医とともに治療にあたります。心不全は再発を繰り返すと言われますが、その多くは自己管理を厳密に行うことで、予防可能です。そのために、「ハートノート」という心不全管理に関する教育資材を用いながら、心不全の病態、悪化の誘因、体重、血圧の測定や症状確認など日々の体調チェック方法、食事・運動など日々の生活に関する注意点などを、看護師、栄養士、薬剤師、理学療法士など多職種から個別に指導を行います。また、週1回開催される医師による集団指導(患者教室)で知識の整理と自己管理方法の再確認を行い、再入院予防に努めています。また、外来通院中の患者さんやそのご家族に対しても、月1回、約1時間の心不全教室を開催し、心不全予防に必要な知識や自己管理方法についての指導を行っています。
高齢化社会の進展により、2035年まで心不全患者数は増加し続けます。そのため、多くの心不全患者さんを在宅医療も含め、地域の先生方とともに診療していく体制が必要であり、現在そのシステム作りに取り組んでいます。

外来担当医表はこちら

当科の外来担当医表はこちらからご覧いただけます。

スタッフ紹介

花谷 彰久
花谷 彰久
心不全センター長
医師研修センター初期研修室長
田口 晴之
田口 晴之
副院長
循環器内科/部長
医師研修センター専門研修室長
堂上 友紀
堂上 友紀
循環器内科/副部長
竹下 宏明
竹下 宏明
循環器内科/副部長
山下 智子
山下 智子
循環器内科/医長
戎野 和之
戎野 和之
循環器内科/医長
平山 駿
平山 駿
循環器内科/副医長
田中 梨穂子
田中 梨穂子
循環器内科/副医長
岡田 夏実
岡田 夏実
循環器内科/副医長
松本 浩太朗
松本 浩太朗
循環器内科/副医長

診療実績

学術業績

施設認定

  • 日本循環器学会認定循環器専門医研修施設
  • 日本高血圧学会専門医認定施設
  • 日本心血管インターベンション治療学会認定研修関連施設
  • 日本心血管インターベンション治療学会Rotablator認定施設

カテーテルアブレーション全国症例登録研究(J-AB 2022)への参加について

府中病院は、カテーテルアブレーション全国症例登録研究(J-AB 2022)に参加しています。
詳しくは下記の資料をご覧ください。
何卒趣旨をご理解のうえ、ご協力をよろしくお願い申し上げます。