新着情報

皮膚科のご紹介

私たちは患者さんのささいな訴えにも耳を傾け、共感し、信頼していただける皮膚科医として地域の皆さんの診療にあたっています。

皮膚は以前より内臓の鑑(かがみ)といわれ、単なる外界との隔壁ではなく、生命の保持に必要な様々な機能を営むヒト最大の臓器です。神経、血管、リンパ管などを通して他の臓器と密接なネットワークを形成しており、臓器に何らかの障害があれば、そのネットワークを介して皮膚にもサインが出ることもあり、皮膚症状から内臓疾患の存在を見抜き、早期治療に寄与できるようにすることも我々皮膚科医の使命であると考えています。また、他人からすれば軽微な皮膚病変であっても、本人の苦痛は計り知れないこともあり、適切な治療により皮疹が改善し、患者さんの笑顔を取り戻すことが我々の喜びでもあります。

皮膚科の特色

パッチテスト、皮膚生検、液体窒素によるウイルス性いぼや老人性いぼの凍結療法は随時行っています。
局所麻酔下での皮膚腫瘍の切除は予約制で行っていますが、症例によっては当院形成外科を紹介させていただくことがあります。
ピアスや美容皮膚科は行っておりません。
他科での診療が必要な場合は連携をとって患者さんへ最適な治療を提供します。

外来担当医表はこちら

当科の外来担当医表はこちらからご覧いただけます。

外来担当医表

スタッフ紹介

吉岡 啓子
吉岡 啓子
皮膚科/部長
湯川 圭
湯川 圭
皮膚科/医員
河野 友香
河野 友香
皮膚科/医員
田中 彩子
田中 彩子
皮膚科/医員
水上 裕加里
水上 裕加里
皮膚科/副医長

診療実績

学術業績

施設認定

  • 日本皮膚科学会認定専門医研修施設