レーシック(LASIK:レーザー角膜屈折矯正手術)は、レーザーを角膜にあて、屈折力を変えることで、近視を矯正します。
必要な検査を受け、適応とされた方が手術を受けることができます。

手術適応

  • 18歳以上
  • 軽~中等度の近視(屈折値が-6.0Dまで、場合により-10.0Dまで)
  • 近視の度数が安定している
  • 角膜の厚みが十分ある
  • 角膜の形が正常である
  • 他に目の病気がない(白内障・緑内障・糖尿病網膜症・ブドウ膜炎など)
  • 傷の治りに影響する重症な糖尿病やアトピー性疾患がない
  • 妊娠中・授乳中ではない
  • 過度に神経質または精神的に不安定ではない   など

レーシックと年齢との関係

40代以上の方:近くが見えにくい「老眼」を自覚する40代以上の方は術後の近くの見え方が変化します。十分な検査と説明を受ける必要があります。
  
10代・20代の方:レーシックは現時点での視力を矯正するものです。近視の進行により後に見え方が変化する可能性がありますので注意が必要です。

レーシックによる合併症

手術は安全を確認して行いますが、ドライアイや、光を眩しく感じるグレア・ハローなどが起きる可能性があります。また感染症のリスクもゼロではありません。

レーシック手術の流れ

保険診療にて眼の病気が無いかおおまかに調べます。コンタクトレンズを使用されている方はコンタクトレンズを装用している時の視力も測定しますので装用してご来院いただいて構いません。
  
※次回来院までのコンタクトレンズ装用中止期間(正確に測定するためにコンタクトレンズを外し、目の形を自然な状態に戻す必要があります。基本的に手術日までコンタクトレンズは装用しないでください)
  
ソフトコンタクトレンズをご使用の方:2週間
ハードコンタクトレンズをご使用の方:3週間

詳しく手術に必要な検査をします。

眼底検査を行うため、瞳孔を開く目薬(散瞳薬)を使用します。検査後約5~6時間は焦点が合いにくく光が眩しく関しるため、車やバイクでのご来院はお控えください。

手術までコンタクトレンズの装用を中止していただく必要があります。

この際に、検査代11,000円(税込)が必要になります。

手術の精度を上げるために再度必要な項目の検査を行います。

この日に手術代金両眼の場合330,000円(税込)を事前預かりさせていただきます。

局所麻酔下で手術を行います。所要時間は片眼で約30分となります。
手術終了後診察を行います。
  

手術当日の注意事項

  • 車・バイク・自転車の運転はできません。送迎または公共の交通機関をご利用ください。
  • 手術中の観察に影響するため、お化粧・ネイルはしないでお越しください。
  • 消毒液で服が汚れる場合があります。タートルネック・カッターシャツはご遠慮ください。
  • 指輪・時計・ネックレス・湿布・カイロ・補聴器・入れ歯は手術室に入る前に外していただきます。貴重品のご持参はお控えください。

手術翌日、1週間、1か月、3か月、6か月、1年後の定期検診が必要となります。術後6か月までの診察費用と投薬費用は手術料金に含まれています。術後1年以降の検診につきましては、保険診療をお支払いいただきます。

①麻酔を行います。

  

②フラップ(ふた)を作製します。

③フラップをめくります。

④レーザーを照射して視力を矯正します。

⑤フラップを元の位置に正しく戻します。

⑥フラップは自然に吸着します。

当院ではiDesigniLASIK(アイデザイン アイレーシック)を採用しています。

Star S4エキシマレーザーを使用しています。

眼の細かな歪みを緻密に解析しそのデータを基にレーザーを照射するので、一人ひとりに最適なカスタムメイド手術が可能です。

手術までにかかる費用

料金表
適応検査料11,000円(税込)
片眼手術料165,000円(税込)
両眼手術料330,000円(税込)