新着情報

神経内科のご紹介

神経内科では、脳・脊髄・末梢神経・筋肉の病気を診ています。

手足の震え、しびれ、めまい、動かしにくさ、物忘れ、頭痛、ろれつ困難、歩行困難などの症状に対して問診や専門的な診察、検査で診断し、外来・入院診療を行っています。

なお、神経内科は精神科や心療内科とは異なります。身体の症状が中心でありながら検査をしても異常が見つからない、あるいは経過からストレスなどが関連していると思われる場合は、心療内科・精神科にご紹介させていただきます。

神経内科の特色

神経内科の取り扱う具体的な病気として脳梗塞、てんかん、認知症、パーキンソン病、頭痛、重症筋無力症、多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症、ギラン・バレー症候群、髄膜炎、脳炎などの疾患を対象としています。これらの疾患に対し適宜他診療科と協力しながら検査・治療をすすめて参ります。

外来担当医表はこちら

当科の外来担当医表はこちらからご覧いただけます。

外来担当医表

スタッフ紹介

菊川 高行
菊川 高行
医長
非常勤医師
川端 徹
三野 俊和

施設認定

  • 日本プライマリ・ケア連合学会研修施設
  • 日本内科学会認定医制度教育病院
  • 日本高血圧学会専門医認定施設