新着情報

形成外科のご紹介

形成外科的なデリケートな皮膚の操作と縫合技術を用い、できるだけ目立ちにくくなるように努力しています。
創傷(きず)のスペシャリストとして、知識と外科的な手技を駆使して、スムーズな治癒を目指します。
けが

顔の骨折やキズでは、なるべく傷あとが目立ちにくくなるように工夫しながら治療にあたります。手術が必要なものもあれば、軟膏などで早期に治るものなど様々です。わからなければまずは受診してください。

できもの(腫瘍)

良性、悪性を含め、色々なできものが皮膚や皮膚の下にできます。傷あとが目立ちにくいよう、また悪性であれば早期に大きめに切除し、切除した部分をご自分のほかの部分を利用しておおいます。それ以外にも乳がんの手術に対するインプラントやご自分の筋肉や脂肪組織などによる再建も行っています。

潰瘍

治りにくくずっとただれているきずができることがあります。床ずれ(褥瘡)や足の潰瘍などが代表的なものです。これに対し、まずは原因を調べ、きずの治療と並行して治していくこともあります。もし気になることがあれば、一度受診されて担当医に相談されるることをお勧めします。

形成外科の特色

形成外科で扱う疾患は様々な領域にまたがっており、疾患によっては関連する科と連携して治療に当たる必要があります。各科と協力しながら治療を行っていきます。

外来担当医表はこちら

当科の外来担当医表はこちらからご覧いただけます。

外来担当医表

スタッフ紹介

林 いづみ
林 いづみ
形成外科/部長
入江 稜子
入江 稜子
形成外科/副医長
濱澤 夏樹
濱澤 夏樹
形成外科/副医長
松本 后代
松本 后代
形成外科/副医長

診療実績

学術業績

施設認定

  • 日本形成外科学会認定施設