フェイキックIOL(後房型)とは

フェイキックIOLとは、小さな薄いレンズを眼の中に挿入し近視・遠視・乱視を矯正する治療法です。

手術は局所麻酔下で行い眼表面にある角膜に小さな切開創を作成し、そこから眼内レンズを挿入します。手術時間は数分で終了します。レーシック手術のように角膜を削らないため、元に戻せるという特徴があります。術後の眼圧上昇のリスクの低い穴の開いた後房型のフェイキックIOLが主流となっています。

フェイキックIOLの適応基準

  • 年齢18歳以上
  • 全身疾患や眼の病気がない方
  • 屈折矯正手術歴がない方
  • 妊娠もしくは授乳期間(生後6か月未満)でない方

フェイキックIOLが向いている方

  • 強度の近視・遠視・乱視や、左右の度数に差がある方
  • ドライアイやアレルギー性結膜炎のため、コンタクトレンズが使用できない方
  • コンタクトレンズや眼鏡に煩わしさを感じている方
  • スポーツをされる方
  • 地震などの災害時の避難に際し、今の視力では不安を感じる方
  • 現在の視力では希望する職業に就くことができない方

手術の特徴

手術は局所麻酔を行い、約3mmの切開創からフェイキックIOLを挿入します。フェイキックIOLは柔らかいアクリル素材でできています。折り畳まれた状態です。挿入後、レンズの位置と傷を整えて終了になります。切開創は術後点眼を行うことにより自然治癒します。

フェイキックIOLの合併症

ハロー・グレア

夜間に光を見た際に眩しく感じたり(ハロー)、光の周りに光の輪が見えたりする(グレア)ことがあります。
フェイキックIOLでは特にハローを感じますが、個人差はあります。

感染症

眼内手術になるため、術後に感染症(眼内炎)を起こす可能性は極稀にあります。もし、眼内炎が生じた場合はその都度医師が適切に対処いたします。

白内障

水晶体と瞳孔(茶目)の間にフェイキックIOLを挿入するため、水晶体とレンズの距離が近く、白内障が稀に生じてしまいます。

手術までの流れ

初めに適性検査と診察を行います。視能訓練士による眼の検査とカウンセリングを行い、結果を含め医師が診察を行い手術の可否を決定します。コンタクトレンズは装用したままで問題ありません。使用されている眼鏡があればご持参ください。

次回の適応検査までにあらかじめコンタクトレンズの装用を中止していただく期間があります。

  • ソフトコンタクトレンズを使用の方は2週間
  • ハードコンタクトレンズを使用の方は3週間
眼底検査を行うため、瞳孔を開く目薬(散瞳薬)を使用します。検査後約5~6時間は焦点が合いにくく光が眩しく感じるため、車やバイク、自転車でのご来院はお控えください。

適応検査終了後、手術前日まではコンタクトレンズを装用していただいて問題ありません。

この際に、検査代金11,000円(税込)が必要になります。

再度、屈折検査を行い詳細なデータを算出し、レンズのサイズと度数を決定いたします。

この日に手術代金を事前預かりさせていただきます。手術代金両眼660,000円(税込)が必要になります。

局所麻酔下で手術を行います。所要時間は片眼で約15分となります。
手術終了1時間後に眼圧を測定し問題なければご帰宅いただきます。
  
手術当日の注意事項
  • 車・バイク・自転車の運転はできません。送迎または公共の交通機関をご利用ください。
  • 手術中の観察に影響するため、お化粧・ネイルはしないでお越しください。
  • 消毒液で服が汚れる場合があります。タートルネック・カッターシャツはご遠慮ください。
  • 指輪・時計・ネックレス・湿布・カイロ・補聴器・入れ歯は手術室に入る前に外していただきます。貴重品のご持参はお控えください。

手術翌日、1週間、1か月、3か月、6か月、1年後の定期検診が必要となります。術後6か月までの診察費用と投薬費用は手術料金に含まれています。術後1年以降の検診につきましては、保険診療をお支払いいただきます。

手術後について

当日翌日3日後1週間後2週間3週間1か月
首から下のシャワー・入浴
洗髪・洗顔
化粧
自転車
自動車
軽い運動
激しい運動
プール
喫煙
飲酒
旅行(近距離)
旅行(遠距離)
歯科
抜歯
事務仕事
力仕事
清掃業

費用について(両眼の場合)

レンズの種類料金
一般的なレンズ66万円(税込み)
カスタムメイド77万円(税込み)
※別途適応検査代金を1万1千円が必要になります。
※遠視・乱視がある、もしくは強度近視の場合はカスタムメイドになります。